仕組み

キャバクラ嬢になる人はどういった経緯でなっているのでしょうか。もちろんキャバクラ嬢になりたくて自分でお店を探してなる人や、友達の紹介などでなる人が大半でしょう。それ以外の経緯でキャバクラ嬢になる人もいます。それはスカウトによってなる人です。このスカウトというのは、主に男の人が多く、繁華街などの場所で気になる女の子に声を掛けるといった方法でスカウトをしています。このスカウトでの勧誘のことを俗にキャッチといいます。東京なら新宿歌舞伎町や渋谷、六本木など、名古屋なら栄、大阪ならミナミ、福岡なら天神、中州、北海道ならススキノといった風俗店が多く並び、それで若者が集まるような地域にこのスカウトマンが立って声を掛けています。

そういった光景を目にした人もたくさんいるでしょうし、現に声を掛けられたという人もいるでしょう。このスカウトマンの主となる仕事は、自らキャッチした女の子を自らが契約しているお店に紹介・面接をして勤務をしてもらうことです。そこで実際に女の子が働いてお金が発生した時点でスカウトマンの給料になってくるのです。
簡単にいうと、何人女の子をお店に連れて面接させたところで、その女の子が実際に一人も働かないとなれば、そのスカウトマンには一銭のお金も入りません。なので、スカウトマンも食べていくためには命がけというものにも感じれます。これを見た女の子はもし街中でスカウトマンに声を掛けられたら、ちょっとだけでも話を聞いてあげようかな?という気持ちになったんではないでしょうか。

Copyright © 2014 スカウト All Rights Reserved.